医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2017/10/05
外国人患者の受入れ、外来で約8割の医療機関で実績あり

 厚生労働省より、「医療機関における外国人旅行者及び在留外国人受入れ体制等の実態調査」の結果が公表されました。

 この調査は、平成28年10月1日時点の状況と、平成27年度の実績を調査したもので、医療機関では、救急告示病院と、「訪日外国人旅行者受入医療機関」として官公庁より選定された病院が対象となっています。

 報告によると、外国人患者の受入れ実績がある医療機関は外来で79.7%、入院で58.5%となりました。これらの実績のある医療機関の半数以上が、年間20名以下の受入れとなっています。

 日本語でのコミュニケーションが難しい患者に対して使用した言語で最も多かったのは「英語」で56.8%、次いで中国語26.6%、日本語26.0%となっています。


 詳細の結果は、以下のサイトでご確認ください。


厚生労働省
「「医療機関における外国人旅行者及び在留外国人受入れ体制等の実態調査」の結果」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

お問合せ

平松荘介税理士事務所
(認定経営革新等支援機関)
株式会社アイディアル経営
〒700-0975
岡山県岡山市北区今五丁目13-26
TEL:086-243-3399
FAX:086-241-9460
 
 


マイベストプロ



ウィズダム・スクール岡山分校